特定健康診査

完全予約制 ご予約はこちら

特定健康診査・特定保健指導

特定健康診査・特定保健指導

特定健康診査とは、心筋梗塞など血管が詰まる病気になりやすいと言われているメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防と解消を目的に、2008年4月より40~74歳の医療保険加入者を対象として始まったメタボリックシンドローム該当者を抽出するための健康診断です。
メタボリックシンドロームの該当者及び予備群を的確に抽出し、この病気を減少させるためにその対象者に生活指導を行うことを特定保健指導といいます。ただし、高血圧、糖尿病、高脂血症を内服治療中の方は、主治医より継続的な指導が行われているため、特定保健指導の対象にはなりません。

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、ある一定以上内臓脂肪が蓄積した肥満者において脂質異常・高血圧・糖代謝異常・喫煙など、血管がつまりやすくなるリスクを複数持っている状態です。
それぞれの検査値はそれほど悪くなくても、複数の危険因子を併せ持つことにより急速に動脈硬化が進行します。この状態を放置すると、脳卒中・心疾患など血管が詰まり生命に関わる病気になる確率が高いといわれています。

メタボリックシンドロームの診断基準

メタボリックシンドロームの診断基準となる4つの項目の数値をチェックしましょう。腹囲 ( へそ回り )の基準値を超え、選択項目のうち1つ当てはまれば、メタボリックシンドローム予備群、2つ以上該当した場合は、メタボリックシンドロームです。

STEP1
  • 1腹囲(へそ回り)男性85cm 以上 女性 90cm 以上
STEP2
  • 2中性脂肪かつ/またはHDL、コレステロール 150mg/dl 以上 40mg/dl 以上
  • 3収縮期(最高)血圧かつ/または拡張期(最低)血圧 130mg/dl 以上 85mg/dl 以上
  • 4空腹時血糖かつ/またはHbA 1c 110mg/dl 以上5.5% 以上

特定健康診査の検査項目

検査項目
検査目的
問診
既往歴・服薬歴の調査
喫煙歴の調査
内科診察
自他覚症状の有無の確認
計測
身長/体重/腹囲/BMI(体重kg÷身長m÷身長m)
血圧測定
収縮期(最高)/拡張期(最低)
尿検査
尿糖/尿蛋白
血液検査
肝機能検査
(ALT(GOT)/ALT(GPT)/γ-GTP)
血中検査
(中性脂肪/HDL-コレステロール/LDL-コレステロール)
空腹時血糖(またはHbA1c)

※医師の判断で選択的に実施する項目…心電図、貧血検査、眼底検査

ページ先頭へ戻る