禁煙外来とは

禁煙外来とは

禁煙外来は2006年4月から保険適用となりました。禁煙を難しくさせているニコチン依存症に対する治療を行うことで禁煙を支援することが主なねらいです。現在わが国では年間11万人以上が喫煙関係の病気で死亡しています。喫煙による健康障害および疾病の悪化を防ぐため当診療所では禁煙外来を設けており、本気で禁煙に取り組もうとされている方のお手伝いをしています。

まずはご来院ください。その後の禁煙外来の診療は予約制です。

禁煙外来を受けるには、保険が適用されるかのチェックが必要です。そのため、まずご来院いただき、保険適用が可能と判断された場合のみ、窓口にて以後の禁煙治療スケジュールに沿った診療予約をしていただきます。

保険適用で禁煙治療ができる方

保険適用で禁煙治療ができる方

保険給付の対象は以下の条件を満たす「ニコチン依存症」の方となります。下記のCheck1,2,3に当てはまり、Check4の項目に5つ以上該当すれば健康保険などが適応になります。

  • CHECK1 直ちに禁煙しようと考えていること。
  • CHECK2 禁煙治療を受けることを文書により同意していること。
  • CHECK3 ブリンクマン指数(1日喫煙本数 × 喫煙年数)が200以上あること。
  • CHECK4 ニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS)が5点以上あること。

ニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS)

禁煙治療の費用(一例)

保険診療の場合、チャンピックス(薬名)を使用した禁煙治療における患者さんの自己負担額は、18,000円程度です。

禁煙治療の薬剤としては、ニコチンパッチまたはバレニクリンがニコチン依存症管理料の算定に伴い処方された場合に限り、保険が適用されることになりました。また、初回算定より1年を超えた日からでなければ、再度算定することはできません。

ページ先頭へ戻る

当診療所の禁煙外来は完全予約制(来院による予約受付)

来院していただいての完全予約制となります。
ご予約は、月曜・火曜・金曜・土曜に受け付けています。

禁煙外来診療日時
月曜
12時からの診療
金曜
17時からの診療

問診で保険適用の判断をいたします。
精神疾患をお持ちの方は病状悪化の可能性があるので主治医にご相談ください。

ページ先頭へ戻る

禁煙治療スケジュール

まず診察・禁煙治療についての説明を行います。その日から服薬治療を行いながら禁煙を開始します。再診は2週間後、4週間後、8週間後、12週間後の計4回行い、治療終了となります。

禁煙治療スケジュール

禁煙治療薬「チャンビックス」ご案内

禁煙治療薬「チャンビックス」ご案内

今までに発売されていた禁煙補助薬として販売されているニコチン補充剤(禁煙パッチやガムなど)は、禁煙時のイライラなどが生じるのを和らげて禁煙を助けてはくれますが、ニコチン依存症の治療にはなりません。禁煙外来で処方する保険処方薬のチャンピックス錠は、まったく別の作用で禁煙の治療が可能です。チャンピックスはタバコを吸いたいという気持ちを抑え、禁煙によるニコチンの離脱症状を軽減しタバコから得られる満足感を減少させます。禁煙によるニコチン切れ症状を軽くしたり、タバコを吸いたいという気持ちを抑える効果があります。

チャンビックスHP(ファイザー社)はこちら

ページ先頭へ戻る