一般的な健康診断

完全予約制 ご予約はこちら

一般的な健康診断

当健診センターでは労働安全衛生規則に準じた健康診断を受診することができます。企業、健康保険組合、または個人のお客様でも、ご要望に応じた検査をご用意できます。実施検査項目等についても、お気軽にお問い合わせください。
以下に取り上げた健康診断の他にも、各種健康診断をお受けしています。

健康診断を受ける前にご確認ください。

ご妊娠の可能性のある方、ご妊娠中のレントゲン撮影は承れません。あらかじめ会社様へご確認の上、ご了承ください。

定期健康診断 労働安全規則第 44 条

1年以内ごとに1回、定期に次の項目の健康診断を行わなければなりません。ご希望によって、他各種検査も組み合わせての受診も可能です。ご相談ください。

既往歴及び業務歴の調査、喫煙歴、服薬歴などの調査
自覚症状及び他覚症状の有無の検査
身長、体重、視力及び聴力、腹囲の検査
胸部エックス線検査及び喀痰検査
血圧の測定
貧血検査(赤血球数・血色素量)
肝機能検査(GOT(AST)・GPT(ALT)・γ-GTP)
血中脂質検査(LDLコレステロール・HDLコレステロール・血清トリグリセライド(中性脂肪)
血糖値 (空腹時血糖またはHbA1c)
心電図検査(安静時心電図検査)
尿検査(尿中の糖及び蚤白の有無の検査)

雇入時健康診断 労働安全規則第 44 条

労働者を雇い入れた際は、必ず健康診断を行わなければなりません。規定の健康診断項目からの省略はできません。健診項目については、お問い合わせください。ご希望によって、他各種検査も組み合わせての受診も可能です。ご相談ください

特定業務従事者の健康診断 労働安全規則第 45 条

深夜業などの特定業務に従事する労働者に対しては、当業務への配置換えの際および6カ月以内毎に1回、定期的に、定期健康診断と同じく項目の健康診断を行わなければなりません。
ただし、胸部エックス線検査については、1年以内ごとに1回、定期に行えば足りることとされています。

海外派遣者健康診断 労働安全規則第 45 条の 2

労働者を6カ月以上海外に派遣しようとするときは、あらかじめ規定の項目の健康診断を行わなければなりません。また、6カ月以上海外勤務した労働者を帰国させ、国内の業務に着かせるときも、健康診断を行わなければなりません。

特殊健康診断

職場において健康を阻害する有害化学物質、有害エネルギーなどによる健康影響を早期に発見し、総合的な健康状況を把握するために特殊健康診断が実施されています。

じん肺健康診断
( じん肺法 第3条、第7~9条の2 )
有機溶剤健康診断
( 有機溶剤中毒予防規則 第29条 )
鉛健康診断
( 鉛中毒予防規則 第53条 )
電離放射線健康診断
( 電離放射線障害予防規則 第56条)

※その他各種特殊健康診断を取り扱っています。

ページ先頭へ戻る